保湿力が足りないオールインワンゲルの活用法

乾燥するオールインワンゲルを買ってしまった…

オールインワンゲルはもはや基礎化粧品の定番ラインの一つになりましたね。数多くのブランドが扱うようになりました。

しかしたくさんの製品が出回っているからこそ、中には「微妙な出来」のものも存在します。

オールインワンゲルの不満点としてよく挙げられるのが

の2点でしょうか。

特に乾燥するというのはスキンケア化粧品として大問題です。保湿はスキンケアの基本ですから、ちゃんと保湿できないスキンケア化粧品は肌にとって決して良いとはいけませんね。

本来ならその製品を使うのは止めてちゃんと保湿できるオールインワンゲルに買い替えるのが理想ですが、せっかく買ってきたのに数回使ってすぐに捨てるのはもったいないですよね。

そこで、保湿力が足りないオールインワンゲルの活用法を考えてみました。

保湿力が足りないオールインワンゲルの使い道

別のアイテムで保湿力を補う

一番手っ取り早いのがこの方法ですね。オールインワンゲルの後に保湿クリームや乳液を使って保湿してあげれば、多少保湿力が足りなくても使い続ける事ができます。オールインワンゲルの前に化粧水を使うのもいいでしょう。

これは夏場は問題なく使えても冬の乾燥する時期だとオールインワンゲルの保湿力だけじゃ足りなくなる、という場合にも使える方法ですね。こうすれば夏・冬で違うオールインワンゲルを使い分ける必要も無くなります。

ボディ用にする

ボディークリームとして体に使うのもいいですね。美容成分も含まれているので贅沢なケアができます。

ハンドクリームとして使う

ハンドクリーム代わりに使う手もあります。サラッとしてべたつかないオールインワンゲルであれば使いやすいですね。

BBクリームやリキッドファンデーションと混ぜて使う

伸びが悪いBBクリームやリキッドファンデーションと混ぜて使うという使い道もあります。硬いテクスチャのものも自分好みのやわらかさに調整することができます。

ただしモロモロが出るタイプだと使いづらいかもしれません。

保湿力で選ぶオールインワンゲル

買ってしまったものはしょうがないので上記の方法で使い切るとして、次はしっかりと保湿してくれるオールインワンゲルを選びたいですね。

保湿力が高いおすすめのオールインワンゲルをご紹介します。

メディプラスゲル

メディプラスゲル

メディプラスゲルは年齢肌の原因となる乾燥・ハリ不足をしっかりケア。たっぷり配合された美容成分が乾燥知らずのふっくらハリ肌に導いてくれます。

使いやすいポンプ式、使い続けやすいお手頃価格もポイントです。