オールインワンのデメリット

オールインワンのデメリットと感じるところ

オールインワンゲルは忙しい女性の救世主となるスキンケアアイテムだといえるかもしれませんが、必ずしもメリットばかりとはいえない面もあります。

そこでオールインワンゲルのデメリットとして考えられることをあげてみましょう。

まず考えられるのが使用感です。

今まで化粧水、乳液、美容液、クリームなどと複数の基礎化粧品を使い分けていた方がオールインワンゲルだけのスキンケアを始めると真っ先に感じるのが物足りなさだと思います。

確かに保湿力はあるのだけど、何か物足りない気がする…というのはこれまでの慣れからそう思えるのだと思います。

ただ、「やっぱりオールインワンゲルだけではカサついて乾燥してしまう」と感じられる場合は保湿力が足りないのかもしれません。

商品によっては保湿力が足りないということも考えられますので、その場合は基本はオールインワンゲルを使用して、気になる部分にはこれまでに使っていた保湿クリームなどを重ね塗りすることで対応できるかと思います。

商品選びに迷ったら

次に考えられるのが自分の肌に合わせた商品を探しにくいという点です。

オールインワンゲルは色々な商品が販売されていますが、どれを選ぶべきなのか迷ってしまうということがあります。

まずは自分のお肌の状態を見極めて、気になる悩みを解消することができる成分が重点的に配合されている商品を選ぶといいでしょう。そのためにはまず成分のことをよく知ることです。

配合されている成分は全て表示することになっていますので、何が含まれているのかじっくり検討してから選択すると自分に合った商品を見つけることができます。