スキンケアの基本は洗顔・保湿

スキンケアの基本は洗顔から

健康的で若々しいお肌を保つためにはしっかりとスキンケアを行うことが大切です。

忙しいから、という理由でスキンケアをサボってしまうと、数年・数十年後に後悔してしまうことになるかもしれません。

その前にスキンケアの基本として大切なこととは何であるかご存知でしょうか。

もちろんお肌に良い有効成分の入った基礎化粧品を使うこともいいですが、その前にきちんと洗顔を行うことが大切なのです。

お肌に残っている汚れや雑菌などを残したままどんなに良い基礎化粧品を塗っても全く意味がないからです。

基礎化粧品を使う前にきちんと洗顔を行うこと。これが正しいスキンケアの基本だと覚えておきましょう。

洗顔後しっかりと保湿を忘れずに

洗顔の仕方としては、まずぬるま湯を使うということです。熱すぎても、冷たすぎてもダメです。ぬるま湯だとお肌に残っている汚れを浮かしながら洗い流せます。

メイクをした後は必ずクレンジングをすることも忘れないでください。毛穴にメイク汚れが詰まったままになっていると肌トラブルを引き起こす原因になります。

石けんを使用する場合は、しっかりと泡立てて「泡で洗う」ことを意識しましょう。絶対にゴシゴシと擦るようにして洗うのはやめてください。

最後にぬるま湯でしっかりとすすいだら、タオルで水分を吸い取るようにしてください。

洗顔後直後はお肌が乾燥しやすいので基礎化粧品を使って保湿をしましょう。オールインワンゲルならたったひとつだけで色々な基礎化粧品の役目があるので、手間がかからず便利です。