紫外線などから肌を守る

お肌の老化を招く紫外線

お肌の健康を保つために大切なスキンケアですが、色々な刺激からお肌を守るという重要や役割もあります。

特に外からの刺激で一番気をつけなければいけないのは紫外線です。

紫外線は太陽から降り注ぐもので、人間が地球で暮らしている以上はどうしても浴びてしまうものです。以前はビタミンDを生成させるために赤ちゃんに日光浴をすることが推奨されていましたが、現在では皮膚への悪影響が心配されるためあまり勧められていません。

目に見えるものではないので紫外線を浴びているという実感を得ることはできませんが、次第にシミやシワなどお肌の老化を招いてしまう、女性にとっては大敵となるものです。

紫外線の量は季節や地域によって異なるということも覚えておく必要があります。例えば冬よりも夏の方が多かったり、北海道よりも沖縄の方が多かったりしますので特に紫外線量が多い場合は重点的にケアしましょう。

また紫外線量に関わらず、どこにいても紫外線は浴びている状態になっていますのでしっかりとお手入れをしてお肌を守ってあげる必要があります。

肌を外部からの刺激に負けないようにする

紫外線以外にもお肌に悪影響を与える刺激として考えられるのはホコリや雑菌などがあります。

こういった刺激からお肌を守るためにはしっかりとバリアすることが大切です。お肌が乾燥した状態ではすぐに刺激に負けてしまいますので、とにかく保湿を心がけることが大切です。

オールインワンゲルには様々な保湿効果がある成分が含まれています。中にはメラニン生成を抑える美白効果があるものもありますので目的に応じた商品を選択しましょう。