オールインワン化粧品に日焼け止め効果はある?

オールインワンだけでは紫外線カットできない?

お肌のために紫外線対策はしっかり行っていきたいですね。夏はもちろん、量は少なくなるものの真冬にも紫外線は降り注いでいますから、紫外線対策は年中必要になります。

腕や足、デコルテなど体には日焼け止めを塗って紫外線をカットするのが基本ですが、顔の場合は他にも方法がありますね。

今は化粧下地やフェイスパウダー、ファンデーションなどにUVカット効果が備わったものがたくさんありますから、これらのアイテムを使うことで日焼け止めを使わなくても紫外線対策をすることができるようになりました。

こうなってくると基礎化粧品にもUVカット効果を求めたくなってきますよね。

実際にUVカット効果のある乳液やクリーム等はあります。これらを使えば日焼け止めを塗らなくてもいいし、わざわざ紫外線対策のためだけにメイクする必要もなくなります。

毎日しっかりメイクする人にはあまり必要ないかもしれませんが、外出の機会がめっきり減り、なおかつメイクする時間もない育児中ママにとっては便利な機能なのではないでしょうか。

しかしこのUVカット効果、オールインワンゲルの持つ機能には含まれていません。UVカット効果が備わっている製品もあることにはあるのですが、数は多くありません。

時短コスメの代表といってもいいアイテムなのに、なんだか意外ですよね。複数の役割を持つオールインワンこそUVカット機能もあってよさそうですが、なぜその機能は備わっていないのでしょうか?

多くのオールインワン化粧品にUVカット機能がない理由

SPF○○・PA○○といった表記があると紫外線カット効果が備わっているということになりますが、多くのオールインワン化粧品にはその機能は含まれていません。

日焼け止めに使われる成分は肌に優しいものとは言い難く、刺激を感じる人も多いです。そのため長時間肌につけておくことはなるべく避けたい成分なんですね。市販の日焼け止めも使用後は石鹸等でオフしないと肌荒れを起こすことがありますよね。

そのため低刺激、無添加を売りにしていることが多いオールインワンゲルの場合、これらの成分はあまり使いたくないということなのでしょう。

せっかく成分にこだわって作っても、日焼け止め効果を追加したせいで敏感肌の方が使えない製品になる可能性もありますからね。

肌荒れはほとんど起こさない、どうしてもUVカットも1つで済ませたいということであれば、UVカット効果のあるオールインワン化粧品を探して使ってみるのもいいでしょう。

ちなみに紫外線カット効果のある基礎化粧品は基本的に夜の使用は推奨されていません。こうした製品は朝専用のアイテムとして販売されていることがほとんどなので、夜用に別のスキンケア化粧品を用意しておく必要があります。

朝と夜で使い分けるのは面倒…という方は、やはり基礎化粧品ではなく日焼け止めやUVカットコスメで紫外線対策をする方がオススメです。