ファンデーションとの相性はどうなの?

基礎化粧品とファンデーションの関係

オールインワンゲルを使うにあたって、ファンデーションとの相性が気になるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

基礎化粧品とファンデーションとの相性は意外と重要で、合わないものを使うとファンデが上手く乗らなくてヨレたり、油浮きして崩れやすくなるといった影響も出てきます。

ファンデーションの仕上がりには化粧下地が大きく関係してきますが、このように基礎化粧品の影響も決して無視はできないのです。ですから基礎化粧品を変えるときにはファンデーションとの相性についても考えなくてはいけません。

では、オールインワン化粧品とファンデーションの相性はどうなのでしょうか?

オールインワンゲルの「モロモロ」問題

オールインワンゲルには他の基礎化粧品にはないある特徴があります。それは、使用時に「モロモロ」と呼ばれるカスのようなものが出ることがあるという点です。

オールインワン化粧品をいくつか使ったことがあるという方は分かると思いますが、あのぽろぽろ出てくるカスは製品によって出るものと出ないものがあるんですよね。

簡単に言ってしまえば、モロモロが出ないタイプの方がファンデとの相性は良いです。

しかしモロモロが出るという点以外は素晴らしい出来のオールインワンも多く、「自分の肌には合っているからモロモロには目をつぶろう…」と妥協しつつ使っている方も少なくないと思います。

最近はだいぶモロモロが出づらい製品も増えてきましたが、まだまだそうではない製品もたくさんあるという印象は否めません。

ですからオールインワンゲルを使う場合、ファンデーションと相性の良いものを選ぶというよりも、相性の良くないモロモロが出るタイプの製品をいかにうまく使いこなすかという点がポイントになってくると思います。

オールインワンを使った時のベースメイク法

モロモロが出るタイプのオールインワンゲルの場合、肌をこするとぽろぽろとカスが出てきます。ですからなるべく肌に摩擦を与えないことが大切です。

リキッドファンデーションは指やスポンジで肌に伸ばして塗らなくてはいけないのでモロモロが出やすくなります。

それに対してパウダーファンデーションならスポンジで上からはたくように乗せたりブラシでふんわり乗せていけばいいので、肌への摩擦を抑えることができます。

つまり、ファンデーションはパウダータイプの方が相性が良いと言えるでしょう。

もっと言うと化粧下地を塗る段階でモロモロが出てしまうので、下地不要で使えるミネラルファンデーションの方がより使いやすいかもしれませんね。

他にも、ゲルの使う量が多かったり、塗ってから肌に馴染む前にファンデーションをのせてしまうのもモロモロが出やすくなる原因となります。

ゲルは薄く伸ばして足りないと思ったらまた薄く重ねる、メイクまで十分に時間を空けるかティッシュで軽くオフするといった工夫をしましょう。

オールインワンゲル使用時にファンデーションが上手く乗らないとお悩みの方は、これらの方法を試してみてくださいね。