オールインワンゲルは全身に使える?

オールインワンゲルは体に使っても大丈夫?

オールインワンゲルを使ってみてすごく良かったから、デコルテや腕、足にも使ってみたい!とお考えになったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

保湿力の高いオールインワンゲルを体のケアにも取り入れたら、顔と同じようにつるつるのお肌になれそうな気がしますよね。

化粧水や乳液と同様、スキンケア化粧品であるであるオールインワンゲルを体に使っても特に問題はないでしょう。

ただしオールインワンゲルは基本的に顔使用を前提としているため、中にはUVカット成分クレンジングが必要な成分が入っているものもあります。

体に使いたいのであればこうした製品は避け、シンプルで低刺激なものを選ぶといいでしょう。

日焼け止め効果のあるものや肌補正効果のある製品は通常朝のみ使用が推奨されているので、使用方法を見れば大体判別できると思います。

子供の顔・体にも使える低刺激オールインワンゲル

当サイトでご紹介しているオールインワンゲルの中でも、全身に利用するなら水の彩がオススメです。

水の彩

オールインワン保湿ゲル 水の彩

水の彩は無香料、無着色、ノンオイル、石油系合成界面活性剤無添加。敏感肌や赤ちゃんでも使える優しい作りとなっています。

水の彩をお子さんの保湿クリームとして使っているママさんも多いようです。自分のスキンケアにも使えるし、これ1つあれば家族みんなの全身ケアができますね。

通常のスキンケアとしてはもちろん、フェイスマッサージに使ったり、ボディケア、ハンドケアにも使える水の彩。全身に使える万能クリームが欲しい、という方におすすめのゲルとなっています。

お蔵入りしたオールインワンゲルの活用法

オールインワンゲルをボディークリーム代わりに使う際の問題点を上げるとしたら、ボディークリームより割高になるという点でしょうか。

オールインワンゲルを体に使えばリッチなケアができますが、ボディークリームとして売られているものよりも内容量が少ない上に値段も高くなるので、たっぷり使うにはちょっともったいない…と感じてしまうこともあるかもしれません。

そんな方は、顔に使ってみてあまり気に入らなかったものをボディー用にしてしまうのが良いと思います。

もし顔に塗った時に刺激を感じて使用中止したものがあるならそれはもう捨てるか他の人にあげるかしかありませんから、それを再利用できるならもったいなさを感じずにたっぷりと使うことができますね。

顔に使用してピリピリと刺激を感じたものでも体に使えば大丈夫だった、というケースは意外とあります。もし腕や足でダメでもかかとならいけるんじゃないでしょうか。

もちろん、体でも刺激を感じるようならすぐに使うのを止めてくださいね。もったいないからといって無理して使って皮膚科のお世話になるようでは元も子もありませんからね。