オールインワンゲル みんなどう活用してる?

オールインワンゲルにはどんな使い道がある?

時短アイテムとして大活躍してくれるオールインワンゲル。育児中の強い味方ですよね。愛用しているママさんも多いのではないでしょうか。

オールインワンゲルの基本的な使い方といえば、洗顔後に化粧水や乳液の代わりに使うというもの。これ一つでスキンケアが済むので便利です。

しかしオールインワンゲルはその使い勝手の良さから、基本的な使い方以外にもいろんな使い道があります。

オールインワン愛用者はどんな風に使いこなしているのか、その活用法について調べてみました。

オールインワンゲル活用法

リキッドファンデーションやBBクリーム、日焼け止めに混ぜる

乾燥が気になる時にリキッドファンデーションやBBクリーム、日焼け止めに混ぜて使えば保湿力がアップします。また硬めのテクスチャで伸びが悪いものに混ぜればするするっと軽いテクスチャに早変わり。

しっかり混ぜないと分離するので、手の平や甲の上でよく混ぜ合わせてから肌に乗せるようにしましょう。

保湿クリーム代わりに持ち運ぶ

オールインワンゲルは低刺激で全身に使えるので、小さい容器に入れて持ち運べば顔・体の両方に使える万能アイテムになります。

メイク用品と一緒にしておけば部分的な皮剥けやカサカサにも対応できますし、メイク直しの時にも活躍してくれそうです。

マッサージジェルとして使う

オールインワンゲルを顔や体のマッサージ用ジェルの代わりに使うという人もいます。

ただ気を付けてほしいのは、水分の多い緩めのテクスチャのものは使わないことと、量はたっぷり使う事。サラサラのものや量が少ないと摩擦から肌を守ってくれないので、マッサージクリームとしての役割を果たせません。

またモロモロが出やすいタイプだとマッサージしているうちにポロポロとカスが出てきてしまうのでこれもおすすめしません。

マッサージに使うなら、ぷるっと弾力のある硬めのゲルを選んでくださいね。

ボディークリームとして使う

もし肌に合わなくて使わなくなったというオールインワンゲルがあれば、余った分はボディー専用にして使い切るという活用法もあります。

顔には刺激を感じても、腕や足は大丈夫だったというケースは結構多いです。

旅行に持っていく

これは使い方としては普通ですが、ホテルのアメニティだといつも肌荒れを起こすという方は持参するスキンケア化粧品の数を減らせるというメリットがありますね。

化粧下地効果のあるものならさらに荷物を減らすことができます。

いかがでしょうか?便利な活用法を見つけたら、お気に入りのオールインワンゲルをさらに愛用できそうですね。

肌トラブルが起きないのであれば、余ったオールインワンゲルを使い切る手段としてもおすすめですよ。